ストレスが原因で起きる病気|うつ病にならない前に対処しよう

女性

心の病を抱えている方へ

メンズ

疲れている時になりやすい

仕事などでストレスを抱えている方は非常に多いと思います。ストレスは病気に繋がるものが多く、なんとなく体調が悪いのかなと感じることから心の病気が進行していくことがあります。ストレスの原因は様々な状況から起こり得るものになります。仕事で上司に怒られる、お客さんにも怒られる、家族にも打ち明けられず一人で悩み抜くことで解決出来ることもあれば、そうでないこともあります。特徴としては、一人で悩むことが多い人や責任感の強い人、頭がそれなりにいい人、考えることができる人がそういった心のストレスを感じることが多いように思います。人間は基本的に防衛本能があります。自分を守りたいと考える人であればあるほど、ストレスに対する防衛本能が働いて、余計なことを考えてしまったりします。病気というカテゴリーに当てはめられることもなんとなく嫌な気持ちになるので、病院にもいけないことが多いです。精神は目に見える異常ではありませんので、自分でもこれくらいで病院に行ったら恥ずかしいというような気持ちになる方は多いのではないかと思います。そういった人はプライドを持っています。そして自分の考えを信じているので、他の人の話を聞いてもなかなか状態が改善されません。仕事が忙しく、疲れている時などには特にそういった心のサインを見逃しがちになることが多いです。疲れているから仕方ないと思っていると、実は違うところに原因があるということが気づいていない場合もあるので慎重に対応する必要があります。

かかりつけの医者を探す

心の病気は繊細なもので、時にはその人自身も状況や判断を間違えるということがあります。特にうつ病など本人の精神状態がバッドな方向へと落ち込んでいく病気は、まともな判断能力が失われていると考えておくと良いでしょう。本人が大丈夫だと豪語しても、実際はかなり追い詰められた状態となっている可能性が高いです。そのため、心の病気には周りの人のフォローが必要になります。自分の中でのサインを見落としてしまうことが、病気の進行を進めてしまうことがありますので、周りの人が、ちょっとおかしいなと感じた時には病院への受診を勧めるようにしましょう。社内にカウンセラーなどを在中させている会社なら、まずその担当者に相談させてみても良いでしょう。心の病の治療には、何がストレスになっているのかをはっきりさせる必要がある場合もあるので、そういった場合の処置をしっかりと出来るお医者さんの力が必要不可欠ですお医者さんについては、近くに心療内科があるような大きな病院があればいいですが、なければ小さい病院でも構いません。とにかく行動に移すということが重要です。待っているだけでは何も解決しないので、とにかく行動するということが現状を変えることになります。うつ病や適応障害などストレスによって生じてしまう病気は、自力だけでの治療が殆ど不可能に近いです。自分で心の病を治せる精神状態であれば、そもそも発症すること自体考えにくいです。そのため、日頃のストレスで眠れない場合や息が詰まる、仕事に行きたくないなどの状態が長続きするのであれば、まず一度医師に相談してみましょう。

Copyright© 2015 ストレスが原因で起きる病気|うつ病にならない前に対処しよう All Rights Reserved.